沿革

昭和12年2月東京都荒川区にて、ネームプレート業を個人創業。
昭和20年3月戦災により工場焼失。新潟県柏崎市に引き揚げる。
昭和22年4月柏崎市栄町にて、ネームプレート、プレス加工工場開設。
昭和40年12月柏崎市栄町にて、ネームプレート、機械加工、金属特殊印刷工場を新規設立。
三部門を創業。
昭和41年7月安達鋳造所跡地を購入、新規機械工場を増設。
プレス板金作業部門を拡大・充実。
昭和43年4月法人設立。株式会社北星製作所に名義変更。
昭和44年8月第1回増資。資本金600万円。
昭和45年11月第2回増資。資本金1,200万円。
昭和45年11月長浜工場(現:三和町工場)を新設。同年12月操業開始。
昭和48年10月長浜工場を増設。本社業務を栄町工場から長浜工場に移行。
業務を開始する。
昭和50年2月第3回増資。資本金2,800万円。
昭和52年12月北星商事株式会社(現:株式会社キタボシ機械)が分離・独立。
昭和54年12月栄町工場を本社工場(現:三和町工場)に統合。
昭和57年4月複合加工機・CNCプラズマプレスを導入。
昭和58年9月東芝プラント建設株式会社・原子力品質保証認定工場となる。
昭和59年9月溶接用5軸ロボットを導入。
昭和60年5月4パレット・マシニングセンターを導入。
昭和63年8月複合加工機・CNCレーザープレスを導入。
平成元年8月柏崎市軽井川に新工場用地20,600平方メートル土地取得。
平成2年5月6パレット横型マシニングセンターを導入。
平成5年8月大型溶接ロボットを導入。
平成7年10月塗装ラインを更新。
平成7年11月12段ストッカー付きレーザー加工機を導入。
平成12年9月CNCタレットパンチプレスを導入。
平成12年11月軽井川工場(現:本社工場)竣工。溶接・塗装部門移転。操業開始。
平成18年10月生産方式ハイブリッド版 生産管理システムを導入。
平成19年2月部材自動搬入出機構付きレーザー加工機(独トルンプ社製)を導入。
平成19年3月板金部門を軽井川工場(現:本社工場)に移転。操業開始。
平成19年4月軽井川工場敷地内に事務所棟建設。本社機能を移転。
平成23年3月ISO9001:2008認証取得
平成23年4月YAGレーザ溶接ロボットシステム(DiskLaser)導入
平成24年6月タテ型マシニングセンタ(オークマ)更新
平成25年10月2D/3D CADシステム (CADSUPERWorks)導入
平成26年12月パンチ・レーザ複合加工機(トルンプ)導入
平成28年9月 本社工場敷地内に機械工場を建設
平成28年10月機械工場内に大型焼付塗装設備を新設