パンチ・レーザ複合加工機

高品質ファイバーレーザ切断とバーリング、タップ、成型加工。まさにブランキングマシンの真打ち!

トルンプ社TruMatic 3000 fiberです。
2015年1月に導入されたばかりの新顔です。レーザ発信機には同じくトルンプ社のTruDisk3000を使用。切断機と溶接機の1台3役で使用しています。

TruMatic_3000_fiber_T5435

1台3役?どういうこと?と思われるかもしれませんが、このTruDiskという発信機、実は本体から3本のファイバーケーブルを別々の機器に接続することができるんです!!

1本目はもちろんレーザロボット溶接機に接続していますし、2本目は同じくレーザ溶接の手溶接の機器に、そして3本目をこのパンチ・レーザ複合加工機に接続しているんです。

2011年当社では精密溶接のさらなる進化のため、業界に先駆けてこのTruDisk発信機とレーザ溶接を導入しました。実はその時点ですでに次の設備導入も視野にいれていたのでした。「この発信機を切断でも共有しよう」そして2015年予定通り複合機を導入し、レーザ発信機の共有をすることになりました。

共有といっても同時に3台が動かせるわけではありません。切断で使っているときは溶接はできません。逆も同じです。それでは不便じゃないか、と思われるかもしれませんが案外そうでもないんですよ。なぜかというと…ヒミツです。

 

5段材料無人運転、連続加工

下の写真が当社に実際入っているものです。本体は安全のためカバーで囲われていてよく見えません。また手前にあるのが5段ストッカーで、1段あたり2トンの材料を自動的に供給することができます。

IMG_0627

 

板金