その他板金設備

2次元CAD、3次元CAD、CAD/CAM

板金部品の作り方は設備や技術によって様々です。そのため設備に応じた部品図づくりは欠かせない作業になります。当社では部品図面をつくるための2次元CADに「アンドール社 CADSUPER Lite」を採用。地元の工業高校でも採用されている純国産CADです。シンプルな機能で部品図面の作図には十分です。また治具の設計やお客様から頂いた3次元図面の解析に「アンドール社 CAD SUPERWorks」を使用しています。3次元CADの定番「SOLIDWORKS」に完全互換、使い勝手の良さがプラスされたCADです。

レーザー加工機や複合加工機のプログラム作成にはトルンプグループの「エフエーサービス社 Meta CAM」をメインに「キャドマック社 CADMAC」を一部で使用しています。

tsuyomi3_pic1

3本ロールベンダー

3本ロールベンダーを使った薄板(t1.0~t1.6程度まで)のロール加工もします。幅は最大350mm程度までです。

IMG_3286

 パイプベンダー

機械装置などのフレームなどに欠かせないパイプ部品の折り曲げ加工もします。

 

pipe_bender_pic2

トルクパックプレス

45トンのトルクパックプレスが1台。昔は多くのプレス加工をしていましたが、現在ではほとんど使われなくなってしまいました。今では穴をパイプにあけるための専用機になっています。

press_pic2

 

板金