レーザ溶接機(DiskLaser)

変形、歪み、溶接範囲も最小限。超精密溶接や美観を大事にしたい製品に大活躍!

当社のレーザ溶接機は、トルンプ社のYAG個体レーザ「DiskLaser」を使用。(最近世間でファイバーレーザと言われているものと同等だとお考えください。)従来のランプ式YAGレーザと比べて高いエネルギー効率を発揮。低コスト、高品質に加え、銅などの高反射材の溶接や切断も可能です。(実際は結構難しいんですけど…)しかもパルスではなく、CW連続発振により速度が早く、なめらかで美しい溶接仕上がりになります。とにかく一度見て、お試しください。溶接の概念が変わることでしょう。

IMG_0278 IMG_0276

ロボット溶接機

7台の溶接ロボットが、「ハコもの」づくりをより確実に、よりスピーディなものに。

当社は、アーク溶接ロボットシステムを計7システム稼動させております。

この溶接ロボットの導入からはや25年が経過しました。当社は、溶接ロボットの黎明期からこの採用と運用に着手し、独自のノウハウを構築してまいりました。
まさに、この溶接ロボット導入からの歴史が、当社が「ハコもの」づくりのスペシャリストとして活動を行ってきた歴史そのものであります。

これら溶接ロボットを使いこなすことで、高品質な「ハコもの」をお客様の必要量、計画的にご提供することを実現しております。

最新溶接ロボットも導入、運用中!

welding_robot_pic2

こちらは、神戸製鋼製のARCMAN-MPです。
もっとも新しく導入したロボットシステムですが、2つの電極を溶接線に対し平行に配置し、それぞれ独立した溶接条件で制御しながら効率の高い溶接するタンデム溶接で、その溶接条件・溶接ノウハウをデータバンク化することで操作性がかなり向上しております。
さらに、様々なツールに持ち替えられるようハンドリング能力もアップされておりますし、オペレーティング画面が見やすくなったり、コントローラ自体も速く、操作しやすくなっていたりと、細かなところも進化しています。

当社は現在、この最新機の能力を最大限に発揮できるように、その運用方法の研究に努めています。

溶接ロボットと溶接治具

welding_robot_pic3

溶接ロボットを高い稼働率で動かすには、手際よく段取りができるようなワークを固定する治具が必要だったりします。

当社は、これら溶接治具の設計から製作も日頃から行っており、ここにも長年培われてきた生産技術が反映されています。

ティーチングに熟練技能者のノウハウが生きる

welding_robot_pic4

溶接ロボットにその溶接手順を仕込むのは人間です。
ティーチングといった作業になりますが、ここに熟練技能者が携わり、溶接ロボットにその「職人の技」を仕込んでいくわけです。

溶接ロボットを導入して、ただ動かせば効率のよい品質の高い溶接が実現できるなんてことはありません。そんな甘い考えでは、かえって非効率な、品質もイマイチな製品になってしまいます。
当社では、溶接ロボットが熟練された職人の腕となって手際よく確かな溶接をすべく、その研究にも余念がありません。

ロボットメーカーをも唸らせる活用

welding_robot_pic5

当社の溶接ロボットシステム一番古いもので、20年以上経過しました。
しかも、これまで休むことなく高稼働率を誇りながら、今もなお現役で活躍中です。

たしかに長い歴史のなかにはトラブルもございましたが、当社はこのロボットの能力を最大限に生かすべく考え、かつ長い間活躍できるよう工夫してきた結果、現在もバリバリ働いている状態です。

ある日、この溶接ロボットメーカーさんがお越しになられた際に「こんなに上手に長きに渡り、使いこなしている業者はそうそういませんよ!」とおっしゃって下さいました。
お褒めの言葉、有難うございます!!

スポット溶接機

スポット溶接(抵抗溶接)も対応しております

当社はスポット溶接機も保有しております。

スポット溶接は、溶接したい部品同士に電気を流し、その抵抗熱で金属を溶かして接合します。
特に薄い板の接合に適しており、薄板のカバー製作時に多用したりします。
鉄板はもちろん、電気抵抗を使った溶接方法ですので、比較的電気を通しにくいステンレス素材の板の接合もOKです。また、ピンポイントに一瞬だけ行う溶接方法なので接合部周囲にほとんど影響が及ばず、比較的手軽にしっかりとキレイに接合できる側面もあります。

IMG_4316

スタッド溶接機

コツはいりますが・・・。ラクラク簡単にスタッド(おねじ、めねじ、位置決めタイプのピンなど)を溶接。しかもキレイ。

当社はスタッド溶接機も保有しております。

スタッド溶接とは、専用ガンと専用溶接機が一対となった構造で、スタッドと呼ばれるおねじなど(位置決めタイプのピンやめねじもあります)のピンを、専用ガンに装着して溶接対象物に押し当てスイッチを入れるだけで短時間で自動的に溶接が行えるスグレモノです。

簡単とは申しましが、スタッド溶接は、溶接棒や溶接ワイヤーを用いず、スタッドそのものが溶接材となっておりますので、スタッドそのものの品質はもちろん、溶接対象物によって細かな調整を行ったうえではじめてキレイで確かな溶着が保証されます。

このスタッド溶接に関しても、当社は高い実績とノウハウを有しておりますので、写真のようなピン溶接も含んだカバーの製作なども、ぜひ当社までお問い合わせください。

Co2半自動溶接機

「ハコもの」づくりに欠かせない。溶接職人の技を魅せる武器!

TIG溶接機同様、溶接部門の技能者ひとりひとりにCo2半自動アーク溶接機が配備されております。

この半自動溶接機、溶接ワイヤーもシールドガスも連続的に長時間供給できるので、手棒溶接と比較してその能率は圧倒的に高く、量産性も追求した「ハコもの」づくりを主体とする当社では、絶対に欠かすことの出来ない機械です。

半自動溶接はガスシールドの溶接なので風に弱いため、当社では全て工場内で窓も極力閉めた状態で使われておりますので、夏場は特にエンジニアにとって過酷ではありますが、当社のエンジニアは「お客様には、季節に関わらずいつでもよい製品を」をテーマに、通年通じて、情熱を持ちながらひたむきに取り組んでおります。本当に我慢強いというか、私も同じ働く仲間のひとりとしてその姿勢には頭が下がります。

半自動溶接の技能資格保有者が対応

welding_co2_pic2

半自動溶接も、きれいな火花、きれいなビードを出すには熟練した技が必要で、比較的初心者と熟練技能者の溶接結果は、ほぼ誰がみても一目瞭然で分かってしまうほどです。

当社では、半自動溶接についても、(社)日本溶接協会の技能資格をパスした確かな腕を持つ熟練技能者を数多く配置し、対応いたしております。

炭酸ガスアーク溶接、ミグ溶接、マグ溶接

welding_co2_pic3

半自動溶接機では使うガスの種類や、溶接の対象金属などのちがいで様々な溶接方法をとることが可能です。

炭酸ガスアーク溶接、ミグ溶接、マグ溶接など、お客様のご指定があればもちろん、お客様がつくりたい製品の内容をお聞かせいただけましたら、適切な溶接方法を当社のほうでご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。